恋愛依存・ギャンブル・アルコ-ル、その他依存による借金で悩むひめの想いや日常を綴ります。
初ほっともっと
今日はほっともっとで初バイトの日でした。

最悪でした……。

私は薬の影響もあって動きがトロいのですが、それを何度も注意され、オーダーがどんどん溜まっていくのについていけず。
足を引っ張りました。

最初だから仕方ないとか、そんな空気全くなかったです。

舌打ちされるは、ため息つかれるわで、こちらのモチベーションもだだ下がり。

あまりにもイライラオーラを出しているおばちゃんにびびりながらの一日になりました。

一週間テスト期間ですが、一週間したら辞めようと思います。
私にはハード過ぎました……。
障がい者にあれは無理です。

すごく険悪なムードのまま私は途中退勤だったので、オーダーの山を見ながら帰ることに。それにも罪悪感を感じました。

いくあてができそうなので、そっちの仕事に移ろうと思います。
そこは障害者支援の事務所なので、わかってもらえると思います。

疲れたけど、興奮で眠れない……。

明日も五時からほっともっです。

頑張ります。やれるだけはやってきます。
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
バイトの面接
バイトの面接に行ってきました。

近所の店舗を選んだのですが、面接はちょっと離れた地域で受けることになりました。

面接の場所はバスで行って、徒歩十分のところのドラッグストアです。

二十分前に着いたので、隣のお店でジュースを買い、タバコを一服してから臨みました。

面接は実にスムーズでしたが、ちょっとひっかかるところがありました。

シフトは16時40分から21時15分までなのですが、店舗の広告に書いてあったのと時給が違いました。時給800円と書いてあったのですが、5時までは時給780円だそうです。

また、他店舗に異動がある可能性もあるとのこと。

違和感があったのは上の二点です。

週休の希望を聞かれたので、通院のある、毎週水曜日にお休みが欲しいです、と言ったところ、シフト制だから、希望する曜日には休めないんですよね。と。ならばなぜ週休の希望を聞いた?

謎な面接でした。


受かったらいいなぁ。受かったら根性みせます。
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
バイト
そろそろ本腰いれてバイトをしようと思う。

自宅から割りと近所(自転車で十分程度の位置)に、ドラッグストアができていて、そこが夕方から夜にかけてのレジ、品だしのバイトが九百八十円ででていました。
現役離れて長いけど、20日勤務のパートさんに応募する予定です。
15日勤務のアルバイト形式もあるらしいし、それでお金は充分足りるけど、せっかくならと思い20日の勤務を希望する予定です。

なれるまではしんどいと思うけど、受かったら根性みせます。市役所のときの私とは違う!カフェに毎日休みなく八時間も居れたから、できるはず!

と信じて、四年ぶりくらいのバイトです。
もう若くないんだし、しっかりしなきゃ。

まずは受かること。明日、頑張ろう。
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
熊本地震から三週間
地震から三週間が経ちました。商店などが少しずつ時間限定営業で開き始めました。


私の被災体験を手短に書きますね。

前震の夜、ちょうどお風呂をためていた私は、いつも通り玄関先でタバコをふかしていました。
大きく縦に揺れたあと横揺れがきました。

このときもタバコを吸うのをやめませんでした。

相方が深刻そうな顔をしてドアをあけ、
「安全だからしばらくそこにいるように。」
と言ったのでもう一本タバコを吸いました。

お隣の奥さんが慌てて子供を連れてでてきていて、その場は騒然としていました。
私は平気で家に戻り、相方が死守したパソコンでFacebookにつなぎました。

そこではお友達間で安否の確認をしていました。
私は
「被害ないよー。タバコを吸ってた」
と書き込み、余裕をかましていました。

猫の尻尾がふくらんですごかったので写真をとる余裕すらあったのです。

震度七と知ってもいまいちピンと来ず、笑いながらFacebookをしていました。

この日の夜はよく眠りました。

翌日、地震なんてなかったかのような一日を過ごし、夕食後、耐えきれないほどの眠気に襲われ、布団で夜九時頃から仮眠をとっていました。
最初相方の布団に横になっていましたが、相方が布団に横になったので退いて自分の布団に横になりました。

午前一時頃、相方はなぜかぱっちり目覚め、ぐだぐたすることもなく起き上がったそうです。

ニャーニャー鳴いている飼い猫のみーちゃんに餌をあげようと台所に立った瞬間に地震に襲われました。
私は一回目のドーンという音で目を覚まし、なにがなんだかわからないまま、相方の呼び掛けに応え相方の携帯の光だけを頼りに外へ出ました。

家の中はぐちゃぐちゃでした。

外に出てからも震度六強と思われる地震で立っていられないほどでした。

みーちゃんを部屋の中へ置いてきたことが気がかりになりつつ車に避難しました。


ちょうど2日か3日前にアベマティービーを入れていた相方のテレビニュースだけを頼りに車の中で余震を受けていました。

少しだけ落ち着いた段階で相方が部屋に戻り、避難する前に押し込んできた安全な場所からみーちゃんを連れてきてくれました。
アパートはペット禁止なので、キャリーの上にいつもみーちゃんが使っているブランケットを被せて来てくれました。

みーちゃんが無事だったことに安心した私は少しリラックスしてきました。

強い余震は続いていたけれど、車の中にいることでサスペンションが効いてさほど揺れを感じらずに済みました。
車にはみーちゃんが外から見えないように布で目張りをしていました。

それからはずっとアベマティービーで地震関連のニュースをみていました。
気がつくと朝になっていて、一応避難所に行ってみようとのことになり、避難所へ行きましたが、満車で入れませんでした。
他に公的避難所ではない幼稚園やコインランドリー、コンビニの駐車場も満杯だったため、諦めて駐車場に戻りました。
信号はめちゃくちゃで、瓦が落ちてる家、ブロック塀が壊れている家が多数ありました。

うちのポットは魔法瓶式で熱を溜めておけるタイプだったので、そのぬるま湯を使って買っておいたカップ麺を食べました。ぬるま湯だから少し固かったけれど、いつの間にか空腹になっていたため、大変美味しかったです。

この時点まではトイレの水がながれていて、まさか断水になるとは思わず、トイレに行ったりしていました。

夜が完全に明けて徐々に外に人が集まるようになり、車の外に出ました。

同じアパートの住民の方々がでてきていて、断水になったことを知りました。

うちは猫がいるので断水はヤバイのです。しかも避難所には入れず……

悩んだ末、佐賀の相方の実家に避難することになりました。

ありったけの冷凍食品をクーラーバッグに詰め、みーちゃんをキャリーに入れて出発しました。ブレーカーはもちろん落として。ガスはプロパンガスで地震が来ると自動的にシャットダウンするので、持ち運べるかジェット類とペットシーツなどを詰め込み、熊本をあとにしました。

佐賀に行く途中、震度5の地震があり、ハンドルをとられたりする場面もありました。

熊本には私の父母、姉妹がいるので、自分だけ逃げるようでなんとなく気まずかったですが、背に腹は代えられないと、佐賀へ行きました。

ニュースは熊本地震のことばかり。


そんな中で、南阿蘇村のニュースが入ってきました。
阿蘇大橋の崩落と、その横にあるコンビニの下の崖がくずれる様子。
実は同棲を始めたアパートのすぐお向かいだったのです。
間一髪でそのアパートは大丈夫でしたが、いつも行っていたコンビニがこんなことになるなんて……ショックでした。

57号線も阿蘇大橋もちょうど2日前にドライブしたばかりのところだったので……

佐賀に帰って調子がよくなるかと思いきや、体調をめちゃめちゃ崩しました。
地震酔いのような症状が出て、夜中に嘔吐しまくりました。
酔い止めの薬を持ってきてもらって治りましたが、きつかったです。
あとは地震のネタのテレビを見ているとめまいがしたり。
「熊本から避難していてよかったね」
と相方からも言われました。

三四日経ち、水道復旧の情報を得てアパートに戻ってきました。

家のなかは足の踏み場もない状態で、最初は割れ物のある台所は土足にしていました。

そこから徐々に片付け始め、今に至ります。まだ半分も片付いてない。

みーちゃんはものすごく臆病になって、すごく鳴くようになってしまいました。

私は地震慣れしてきました。

揺れ戻しがくるとか、百年に一回の地震が終わったんだからこないとか、いろいろ説はありますが、とりあえず近くに避難バッグとお薬をいれています。

このまま収束してくれればいいのですが……
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
熊本に帰りました。
避難先の佐賀県から、熊本に帰ってきました。

今日は余震も少なく、かえって不気味な夜を過ごしています。

仕事を辞めていなければ今頃市役所の職員として出勤していたでしょう。
辞めてラッキーではありました。

ただ、今月は相方の仕事がなくなり、金銭的にピンチだと思います。
ピンチをチャンスにかえられるように頑張るしかないですね。

部屋の中は玄関も、部屋の中もカラーボックスが倒れて悲惨な状態になっていました。
耐震ジェル、震度5までは効いたんですけどね、7はダメでした。怖いですね。

初めて7の世界を味わいましたけど、バッグなどを取っている余裕はないですね。携帯も置いて出ました。

激しい余震の中で取りに帰りましたが、無事でこうして記事を書けてよかったです。

まだまだ余震は続くだろうとのことですが、気をしっかり持って頑張りたいと思います。
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
震度7、再び
震度7に再び遭いました。

まだ揺れがあります。
怖くはないけれど、家に猫を残し、車に避難してるため、猫が心配です。
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
震度7。


震度7を初めて(当然)経験しました。

私はお風呂をためながら、いつものように玄関先でタバコを吸っていました。


最初は、あれ?地震?と思ったのですが、その次の瞬間にいつもと違う違和感と、それに伴う大きな揺れを感じました。

最初は縦に強く揺れ、次に横の波が来ました。はっきり感じました。

我が家は震源から十キロほどの位置にあり、ボロいアパートなので余計に揺れを強く感じたんだと思います。
相方に「震度5くらいあったやろ」と言いながら部屋に入っていくときにFacebookをみたら、震度7。

友達が心配して、いろんな人からメールが来ました。

ですが、何回も余震が強くあり、Facebookで返事をするのがやっとでした。

我が家の被害はお気に入りの百均のグラスだけですが、物がいろいろ上から落ちてきていて、片付けの必要さを感じました。
いつも掃除しないから、こういうとき痛い目見るんだなということがわかりました。

うちの猫は地震に気がつくと真っ先に部屋の隅っこの安全な場所に移動していたそうです。

この写真は一旦おさまったあとに出てきたものですが、しっぽがクリスマスツリーのようです。

出てきたあとにまた地震があり、部屋の隅っこのこたつの下の隅っこに隠れてしまって今さっき出てきました。
まだ怖がって鳴いています。

何にもしてあげられない……。

亡くなった方もいらっしゃるようで、残念です。


とりあえず眠れないけれど、眠剤なしで寝てみます。


おやすみなさい。
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
火事未遂
今日は火事未遂を起こしました。

原因はコンロの周りに立てているアルミに火が引火したことです。

実はこのアルミのカバーは二年ほど前から交換もせず使っていました。だから、油がベトベトだったんです。

フライパンで炒めものを作っていて、他の作業にふと目をとられた隙に燃え上がりました。
最初はフライパンの横から火が漏れているだけなのかなと思っていましたが、炎が大きく!

焦った私は相方を呼びつつガスを消すことしかできずに固まっていました。(相方談)

ガスを止めたことと炎が上から垂らしていたアルミはくのところまで達したことにより、水をかけずに鎮火しました。

いざって言うとき、人の本来の姿が見えますね。
相方はしっかり近くにあったボウルに水をはって鎮火体制に入っていましたが、私はフライパンをもって右往左往していました。

幸いにも煙も出ず、警報器も鳴らないで済んだのですが、とても怖かったです。
周りのアルミのカバーを新しいものに取り替えて、更に相方が台所を磨いてくれました。

やっぱり掃除は大切ですね。
ごみ屋敷に住んでいる私ですが、今日はそれを痛感させられました。

明日から気を付けないとな、と思います。
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
そうやって
どんどん友達からも見放されていったんだろね、このこは…
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
愛猫の死

猫のうめくんは、私が小学校くらいにうちにもらわれてきました・・・なので、15年ほど生きたことになるのでしょうか?

そのときもう一人猫がいて、ちょうどいい教育係になったので、すくすく、頭もよく、わがままも言わず、男の子なのに「こうめ」なんてかわいい名前をつけられ(当時「一つ屋根の下で」がはやっていたため)とってもお世話好きな子に育ちました。

先輩猫が、道路事故で亡くなって

そのあと、今一人になった「もも」ちゃんがやってきました。
トイレも、いろんなものも、毛づくろいも、うめくんがお世話をしてくれました。

私は一番仲良しではなくって
でも下にみられているわけでもなくって
(妹は下に見られていたためよくかまれた)

・・・?
一緒にいるのもあんまり意識しないような?
そんな感覚で


私は大人になって
結婚して


やがて実家にやってきたのは、うめくんもよくわからない存在に感じたはずのうちの娘。
世話をしてやらなきゃ?と覗き込んではひげをひっぱられ
逃げなきゃ!と逃げては追いかけられ

娘がようやく1歳を越える頃に
「さわらせてやるよ」
とうめくんがいいました。

家の娘は、猫から好かれる私にとてもあこがれているのに、なぜか猫に嫌われる子で
私に挨拶をする野良猫たちにも完全スルーされていたので

実家に帰るたびに「うめくん(*^-^)♪」と撫でられていました

いまだに家の娘は猫に触れていないようなので、最初で最後の触らせ猫?になるのかもしれませんが。


先日
お見舞いにいったときに
私の父がうめくんにむかって
「もうがんばらんでいいよ、寝ていいとだけん。みんな、順番にお迎えが来ると。みんなそっちにいくとだけん・・・きついならもう寝なさい」と。
みんな、がんばって生きながらえるように看病し、米を買う金もないのにうめくんの入院費用、2泊くらいで5万もする、毎日インスリンをうってあげて

でも、私は父親と同じ気持ちだったかな・・・
もう、みんなのためにだけ生きているような
そんな感じがしたから

今朝
さっき
メールをもらって
命って大事だな
って思った。


でも同時に、なんであたしがかわりに死んであげれなかったのかなとか
いろいろ
ぐるぐる
ループして






でも、きっと大事なことなんだ

小さくってもああやって大事にされて

私は、確かにしんじゃえとか、いろいろ言われながら育ってきたけど

こないだ未遂事件の入院のとき
お父さんだけは
心配してた

お母さんは、いつもどおり過剰反応だったけど
レンは心配しながらもクールだったけど

おねーちゃんも心配してたな・・・
妹は、よくわからないといっていた

死ぬってこと
死にたくなるってこと


でも、あんなに小さい身体でも、最後の最後まで
わがままも言わず、うるさくもせず
静かに死んでいった
がんばった子がいるなら

やっぱりがんばらないといけないのかな、と思う。


昨日、本当は司法書士に書類を提出して、帰りにうめくんの顔を見に病院か、それか夕方を待って実家に寄るつもりだった。


でも、身体がおかしくて
起きれなくて
司法書士のアポイントを断って

起きたのは夜だった


週末、うめくんに会いにいけばいいかな、そのくらいしか思ってなくて

朝がきたけどなにかわからない不安で眠れなくて
レンのフライトのお仕事を見ながら
のんびり漫画読んでた


メールがきたとき、もう、
あ。
と思った。携帯を開けなくても。

































今、一人で、氷の上に乗せられて、みんなの帰りを待っているらしい。今日はみんな仕事だから。お葬式できないから。















よく

わかりません。


涙しか出なくて
まじめな話 | comments(2) | trackbacks(0) | top ▲
怒られるけど
ふと・・・ミクシーで、ぴんきーさん主催のコミュに入ったはいいものの・・・

富士山→みんなで→


集団自殺



しか思い浮かばない自分が哀れだ・・・













ちなみに、オフのときは、オイラバスも酔うので、一人ランクルかなんかで衛生兵やりますから・・・(単にラク(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン)
まじめな話 | comments(2) | trackbacks(0) | top ▲
さあ
今日は
決別しよう


手に力が入らなくとも

頭が重くとも

今日は好きな音楽をかけて
好きに唄う

苦しくても
唄う

060920_140520_M.jpg


耳のピアスが閉じかけていたので
安全ピンでこじ開けなおしました

出血がいい感じ
昨日のリスカまがいもいたくなくなりました

今日はお薬をもらって帰り忘れたね・・・・

でもそれも今日は多めに見よう



昨日というか
今朝から
出血と熱がひどかった


もうこれで終われるかもしれないよね
病院、いかなくてもすむかも


痛くても今日はご機嫌に過ごそう



今日は友達とメールできて嬉しかった

いいことたくさんだなぁ《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛




いい天気・・・


お昼寝しても許されるかな・・・今日は
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
ヒトを呼ぶ
昔から、わりと、動物と話をしたり、そういうことができた。

今考えると、これがもう、ある種の統合失調症の症状だったりしたのかもしれないが、誰かの痛みを、痛みとして感じてしまい、(例えばそれは兄弟や親子だと最も強い)不安を敏感に感じ取り。

ヒトの顔色をうかがう子どもだったからかもしれない。

未だに猫とはよくしゃべる・・・・
犬は苦手になってしまったけれど、基本的に私が本当に苦手とわかってくれるので、犬のほうも無茶はしてこない。


小学生の頃、ある友人から、
「そういう直感って(当時直感という言葉は・・・つかわなかったと思う。低学年だったし)きっと、占いとか、そういうのをするといいんだよ。」
といわれた。確か、年齢がかなり離れたお姉さんか誰かがいる子で、なんとなくその子もませていて・・・
浮いているといえば浮いていたのかもしれない。


占いは、よく当たったと思う。ただ、なかなか、回避方法、解決方法・・・そういうものを伝えることというのは難しかったし、伝えたところで相手がその通りにできるというわけでもなく、基本的には
「あたるけど、気持ち悪い」
と、割りにいわれた。
カードの意味は、本はほとんど漢字やカタカナが多かったから、チラッと見るだけの感じで、あとはそのカードの意味するところを追求していく・・・それは楽しい作業だった。
でも、78枚をすべて覚えるなんて到底不可能で。基本的には簡単に大アルカナだけで占うようにしていた。

でも、自分の無能さに気づき。占いというのは、アフターケアができてこそのものだと気づき。
素人が手を出す領域じゃないなと、手をひきました。




話は変わりますが・・・・

よく、ヒトを呼び込む人だと言われます。決して私自身は社交的でもなく。人脈も薄く、また、引きこもりがちで、理屈っぽく、あまりヒトに好かれるタチだとは言いづらい。
しかしながら・・・私が通い始めたお店には、よくヒトが集まりだすと、よく言われる。

アーティストも、私が好きになると・・・割りに売れるらしい。
微妙な先取りをするのが好きらしい。

これは才能というよりも、なにかに、きっと敏感。



活かせたらいいのに?
でも、これって本当なのかな??最近、ふとこのことを思い出したので。

今日の記憶として。
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
ああああああああああああああああ!!いらいら
しんっじられんよね!なんか。
甘えてるって言うか、甘いって言うか。
偉そうなことしか言わんけどさ。

あたしもあんま人のこといえんけどさ!

なんか、いかんな。

俺のせい?





いらいらすんなぁ。



なんでだよ。

あたしは誰かの所有物じゃないっつの。離婚した経緯や理由しってんなら、わかるだろ?普通に。ノータリンでなければ。


それ知ってて利用してる子達と
利用されてるのわかっててそれでもさみしい俺と



どこみてるっつーねん!おまえいくつになったんだよ?
幸せなんだな・・・



世の中、基本、だましあいだぜ?
まじめな話 | comments(1) | trackbacks(0) | top ▲
私は
人を癒すために産まれて来たのかな?だとしたら…
まじめな話 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
| HOME | 次ページ
COUNTER

お客様

今日のお客様

昨日のお客様











CALENDER
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
想いの状況
SIONくんを想って

12年4ヶ月

Tを想って

15年



身長
157センチ
ただいまの体重
61キロ
先月比
+2キロ
BLOG PEOPLE
みんなのつぶやき
ARCHIVES
 
 
LINKS