恋愛依存・ギャンブル・アルコ-ル、その他依存による借金で悩むひめの想いや日常を綴ります。
恋愛依存症:自分と他人、恋人
恋愛依存症においてよく見られるのが、「見捨てられ感」である。
これは非常に強いもので、どんなに非生産的な恋愛でも、DVを受けるような環境でも、「見捨てられ感」を感じてその環境に踏みとどまってしまう人は多い。

これは、自分に対して価値観を見出せず、恋愛において、「必要とされている自分」を無理に作り上げてしまうケースも少なくないようだ。

これは、人格障害(境界例)などにもよく見受けられる例であるが、一般的に、健康と言われる人たちは、他人に見捨てられようとも気にしない、またはそれを気にしないで振り切っていく力を持つことが多いと言われる。
自分の苦しさというものは自分で引き受けるしかない、ということを理解しているからである。
しかし、他人をアテにする気持ちの強い人は「他人の手で、自分の苦しみを和らげてもらいたい」という気持ちが強く、他人をアテにしている分、他人から少し距離を置かれただけでも、自分の苦しさを自分で引き受けることができなくなる。そのため、常に「見捨てられたらどうしよう」という不安を持ちやすくなるのである。しかし「不安だ、不安だ」を連発する人の隣にいると、相手までつらくなってくる、というのは多くの人が想像しうる状況である。
こういう状況が続けば、それでも不安を訴え続ける人物には対応しきれなくなり、こういった人から距離を置いてしまう人も少なくないであろう。すると、不安になる癖のある人物は「見捨られた!」と怒りを爆発させたり、混乱してしまったり、衝動的行動に出てしまったりするのである。

これは、自分に対して、自分の中で価値観、立場、そういったものが見えなくなっているために起こるものである。
こういった人は、他人との距離感を取れていない場合が多く、他人というのは自分の延長上にあり、自分を必ず理解してくれるものだと信じ込んでいる場合が多いと思われる。まずは、自分が存在するように、他人というものは他人の考えで存在するということを少しずつでもいいから理解していくことが必要ではないだろうか。自分が受け入れられなかったり、理解できないことがあるように、他人にもそういう独自の世界観がある。
恋人は自分のことを補佐するためだけや、愛するためだけ、すべてを理解して当然の存在ではないということをきちんと認識していくべきではないだろうか。
病気 | comments(4) | trackbacks(0) | top ▲
恋愛依存症:欲するもの
恋愛依存症の患者には、多く、「愛」を求める傾向があるようだ。
「愛」と言っても、いわゆる恋愛の愛ではなくて、「無償の愛」を求める物が多い。また、その愛に対して、無条件で確実に自分に注がれるものを欲する人が多いようだ。

恋愛依存症は、AC(アダルトチルドレン)と密接な関係があると言われている。
つまり、過去の体験において、過度の愛情を注がれたり、ネグレクトにあっていたりすることもこれに多く関係すると思われる。
幼い頃に手に入れられなかった、親からの健全な愛を欲する心がゆがんだ状態で恋愛に反映されるという考え方だ。

親と子と言うのは切っても切れない縁でつながっており、また、親は子に無償の愛を呈する。子が大人になっても、親は親という存在でありつづける。

これを恋愛に求めると、無償で、永遠ともいえる期間を自分だけに注ぎ込んで愛して欲しい、ということになる。
ところが、恋というのは一過性のものが多く、また、この条件を飲んで社会的生活を送ると言うことは相当な困難である。恋愛依存症とは、なりふりかまわず自分の相手をしていて欲しい、という欲求から、限度がなくなっている状態であるから、この条件をクリアできないと、常に不安か非望的、または怒るかいらだった状態におかれることになるであろう。

恋愛に多少の不安はつきものであるが、恋愛依存症となると、不安がひどく、これらの心理状態において、社会的生活を脅かされるまでになることもある。
病気 | comments(1) | trackbacks(0) | top ▲
| HOME |
COUNTER

お客様

今日のお客様

昨日のお客様











CALENDER
07 | 2009/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
想いの状況
SIONくんを想って

12年4ヶ月

Tを想って

15年



身長
157センチ
ただいまの体重
61キロ
先月比
+2キロ
BLOG PEOPLE
みんなのつぶやき
ARCHIVES
 
 
LINKS