恋愛依存・ギャンブル・アルコ-ル、その他依存による借金で悩むひめの想いや日常を綴ります。
不安
いわゆる精神分析において、神経症(ノイローゼ)を発症するメカニズムが不安と抑圧の関連にあるとされている。精神分析の祖であるフロイト(Sigmund Freud, 1856-1939)は神経症患者の臨床から、生殖行為の障害により神経症が発症することをつきとめ、その際不安がその性欲の抑圧に何らかの影響を与えていると仮定した。<抑圧>とは性欲の表出を妨げる機能障害であり、そしてそのような欲動がさらけ出されることにより社会的な適応が妨げられることを防ぐ防衛機制でもある。

フロイト自身のその両者の関係についての仮定は前期・後期とで大きな違いがある。前期においてはもっぱら性欲(リビドー)を一種の生命力(エネルギー)と捉え、生殖行為が何らかの事情・理由で正常になされなかった場合、その際消費されるはずであった性欲が解消されることなく無意識の内に蓄えられ、そのような充足されず変質させられたエネルギーが<不安>として表出されるというものであった。前期の方向性は科学・生理学的性格が強く、またこのような性欲についてのエネルギー転換・代償行動をフロイトが「経済的」と呼ぶのも、不安をこれらのエネルギー転換の際の等価である交換物とみなしているからである。

後に彼は自らの説を修正し、「抑圧が不安を引き起こす」を、「不安が抑圧を引き起こす」と捉えなおした。後期においては「社会的な禁令」(タブー)や「禁令を命じるもの」(超自我)といった新たな要素が関わっている。それによると、我々の言う「良心」や「理性」といったものは、我々の社会生活上において不適当と想定されている人間の欲動(主に性欲)の表出を抑えるため、我々自身の内に内在化された社会的な禁令であり、それが<超自我>と呼ばれている。我々が上記のような欲動に駆られた際、それを抑えようとする超自我との葛藤(コンフリクト)を恐れ、この葛藤を解消するために不安という「危険信号」を自我が発することにより欲動が挫折させられるという。このように不安が自我の発する「心的状態」として捉えなおされたことにより、前期に比べてより心理学的性格が強くなったと言えよう。
病気 | comments(5) | trackbacks(1) | top ▲
<<あー | HOME | 今までお世話になりました>>
COMMENT
しねよきちがい
2007/02/14 14:32 | 名無し@上等兵 URL [編集]
しねよきちがい
2007/02/14 14:58 | 名無し@上等兵 URL [編集]
>だいすけさん
残念ながら死ねませんでした│◎  ◎│Ψ よー
2007/02/14 15:05 | ひめ URL [編集]
頭オーバーヒート
え~っと。(-_-;)
何が書いてあるのかわからないi-202

難しいなぁ
2007/02/14 23:22 | ネモ URL [編集]
ネモさん
もすこしかみ砕くべきですかねぇ・・・やってみるです(`・ω・´)シャキーン
2007/02/15 00:33 | ひめ URL [編集]
Please write a comment!

秘密にする

TRACKBACK URL
http://hime73.blog40.fc2.com/tb.php/1486-84f67208
TRACKBACK
患者は精神的に不安定で常に心のより所を求める傾向も高く、ここに目をつけたビジネスが少なからず存在するため、患者本人はもとより周囲の警戒が必要である。具体的な例では新興宗教団体が同団体の性質を隠蔽し、あたかも&quot;共に神経症を克服しよう&quot;という趣旨のボ
心理学の考察 | 2007/03/13 02:38
| HOME |
COUNTER

お客様

今日のお客様

昨日のお客様











CALENDER
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
想いの状況
SIONくんを想って

12年3ヶ月

Tを想って

13年9ヶ月



身長
157センチ
ただいまの体重
59キロ
先月比
+4キロ
BLOG PEOPLE
みんなのつぶやき
ARCHIVES
 
 
LINKS