恋愛依存・ギャンブル・アルコ-ル、その他依存による借金で悩むひめの想いや日常を綴ります。
自己破産への道のりについて
紹介された司法書士にアポイントをとる。
私の場合、破産にせよ整理にせよ、なんらかの行動を起こすことは決めていたので、一番最初の打ち合わせも費用にかかったのかどうかの確認はしていないが、司法書士の報酬についてはおおよその相場はあるが、各司法書士が自由に決めることが出来るようになっている。司法書士によって、いろいろな会に入会している場合も多く、たいていが会則に則ったものとなっている。
報酬については、各自相談の際に必ず確認をとるようにしてほしい。

また、私は弁護士を通じての破産ではないため、参考までに、裁判所への予納金が20数万円、弁護士費用が20~30万円くらいを相場と仮定し、(借入先1件につき5万円程度と仮定する)50万程度かかることが予測される。ただし、司法書士は名の通り、司法にかかる書類を作成することを主な業務としているため、破産管財人がつく場合は別途費用がかかることとなるが、最初から弁護士に依頼しておけば、あちらこちらと動き回る必要がなく、事件解決を目指すことができるかと思う。(これはあくまで私の推測です。事前に絶対に確認すること。)

私が依頼した司法書士は、法テラスという、法律扶助が利用できる事務所であった。このため、私はこの法律扶助に援助され破産を行うこととなった。

私の専属についたのは、まだ若手の司法書士さんで、多少不慣れな点もあられたかと思いうが、一生懸命頑張ってくださった。

まず、最初の打ち合わせで、債務について細かく調べる。これは、最初にクレサラ会などに相談に持っていった表を利用していいだろう。ただ、クレサラ会に相談した時点と、利息状況や元本など、違いが出てくると思われるため、最新情報を用意していくとよい。
債務状況と、家計収支(簡易版)を見ながら、自分がどう整理していくかを決定していく。
私の場合、任意整理も可能であったが、実家の金の無心などを避けるための印籠としても、破産宣告をしておきたかった。

しかし、皆さんの場合、まず、破産よりも特定調停や任意整理など、破産の前にまだ段階があることを意識しておいて欲しい。自分の一方的な理由により、返済をしたくない、だから破産、というのは待って欲しい。借金というのはそもそも自分が借りたものであるのだから、返済するのが当然であるからだ。
状況に応じて、司法書士または弁護士から、プランについては提示があるので、よく話を聞き、よりよい方法で整理して欲しい。

司法書士がデータを集め終わり、整理方法が決まると、その日から毎月の収支表を詳しく付けていくこととなる。
買い物はすべてレシートをとっておき、レシートの中身なども確認し、分類表に記載していく。レシートのない、自販機などの購入も、ちょこちょこメモを取り、書いていく。浪費も書いていく。
コレをやっているうちに、自分がいかに浪費しているのか、食費が高い、衣装費が高い、など、自らも振り返ることができるようになる。また、これらの作業は面倒だと思われがちだが、慣れるとたいしたことはない。

また、このときにグレーゾンになっている借金の整理も行うことが多いので、完済した債権者についてもきちんと話をしておく。グレーゾンで還付された分についてh、報酬に充てることが多い。だが、どの道報酬は払わねばならないので、できるだけ回収しておきたい。
たいていは和解金で話をつけてくださる。私の場合は一件は訴訟を起こされ(しかしこのときはもう自己破産予定の宣告を司法書士が行っていたためなにもせずに済んだ。)、もう一件については、2回完済しているため計算が複雑になり、司法書士が提示した額ではないと債権者が意見したため、話し合いが行われた。(これは司法書士がしてくださった。)

また、整理が決まった時点で、書類を作成することになる。
どういった経緯で借金を抱えたのか、また、なぜその借金が返せないのか、いわゆる作文である。このとき、ギャンブルなどの浪費行動を行っている場合もきちんと記入する。ギャンブルを行っていても、場合によりきちんと免責はくだる。しかし、これは己の行動をきちんと反省し、その姿勢を見せることが必要である。

なお、破産法が定めている免責不許可事由は次のとおり。

(1)債権者を害する目的で、破産財団(債権者への配当原資となる債務者の財産全体のこと)に属し、または属すべき財産を隠匿又は損壊したり、債権者に不利益な処分その他の破産財団の価値を不当に減少させる行為をした場合(破産法252条1項1号)。

(2)破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務(義務)を負担し、または、信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと(破産法252条1項2号)。

(3)特定の債権者に対する債務について、その債権者に特別の利益を与える目的、または、他の債権者を害する目的で、担保の供与または債務を消滅させる行為であって、債務者の義務に属せず、または、その方法もしくは時期が債務者の義務に属しない行為をしたこと(破産法252条1項3号)。

(4)浪費又は賭博そのほか射幸行為(要するにギャンブル)によって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと(破産法252条1項4号)。

(5)自己破産の申立をした日の1年前の日から破産手続開始決定がなされた日までの間に、破産手続の開始要件があることを知りながら、これがないと信じさせるため、債権者を騙して信用取引により財産を取得したこと(破産法252条1項5号)。

(6)業務および財産の状況に関する帳簿、書類その他の物件を隠滅し、偽造し、または変造したこと(破産法252条1項6号)。

(7)虚偽の債権者名簿または債権者一覧表を提出したこと(破産法252条1項7号)。

(8)破産手続で裁判所が行う調査について、説明を拒み、または虚偽の説明をしたこと(破産法252条1項8号)。

(9)不正な手段により、破産管財人、保全管理人などの職務を妨害したこと(破産法252条1項9号)。

(10)今回の破産申立以前に、自己破産や民事再生を行ったことがあり、免責許可の決定、給与所得者再生の再生計画認可決定、民事再生手続のハードシップ免責決定がなされ、これらの決定の確定の日から7年が経過していないこと(破産法252条1項10号)

(11)破産法が定める破産者の説明義務、重要財産開示義務、免責に関する調査協力義務その他の破産法で定める義務に違反したこと(破産法252条1項11号)。


この中で言う浪費とは、通常の生活に見合わない不相当で過大な商品購入等のために借金する場合などである。例えば、高級バッグ、高級宝石、高級自動車を購入するとか、キャバクラ等の飲食費や性風俗店への代金のために借金する様な場合を言う。
また、賭博とは、賭け事のすべてを含み、典型はパチンコ、競馬、競輪など。
他に、射幸行為とは、偶然をあてにしてお金を儲けようという行為で、投機目的の株式購入、先物取引等の商品取引が含まれる。

私の場合は、破産法252条1項4号に該当することになる。
だが、私の場合、ギャンブル依存症ということで通院しており、ギャンブルにより借金が増大していったことは、病的心理状態にあったため、と理由付けがなされた。これを証明するために通院先にて診断書を取得した。
しかし、基本的に医師から「ギャンブル依存症である」という診断書をとることは難しいし、また、依存症が回復していなければ、また浪費の可能性があると言うことで免責がおりなくなってしまう。このため、私の診断書は「うつ病」ということで、その中に著しい不安により賭博を行った、と盛り込んでもらった。
この診断書の内容の書き方は司法書士または弁護士、医師に相談すればたいていあちらで判断してくださる。とにかく、破産するにはきちんとした理由がなければならない。
自己破産・ギャンブル | comments(2) | trackbacks(0) | top ▲
<<自己破産への道のりについて:家計収支表 | HOME | 自己破産への道のりについて :相談要領>>
COMMENT
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/08 18:15 | [編集]
秘コメさんへ
ありがとう。励まされながら頑張ってきました。
今が一番踏ん張りどころに向かっていると思います。頑張ります。
2009/04/08 18:32 | ひめ URL [編集]
Please write a comment!

秘密にする

TRACKBACK URL
http://hime73.blog40.fc2.com/tb.php/2046-39f91bee
| HOME |
COUNTER

お客様

今日のお客様

昨日のお客様











CALENDER
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
想いの状況
SIONくんを想って

12年4ヶ月

Tを想って

15年



身長
157センチ
ただいまの体重
61キロ
先月比
+2キロ
BLOG PEOPLE
みんなのつぶやき
ARCHIVES
 
 
LINKS