恋愛依存・ギャンブル・アルコ-ル、その他依存による借金で悩むひめの想いや日常を綴ります。
自己破産への道のり:貸出禁止措置
自己破産ではないが、せっかく債務を整理したりしたあとにまた借金を重ねてしまう人がいる。これはとても怖いことである。整理しても整理しても、膨らんでいくことになるのだ。借金は、癖になりやすいのである。

私の場合がこれに該当した。

私は働き出して割とすぐに、借金をした。これは額は少なく、最初の目的は確かに友人の結婚式への出席をしたいため、であったが、最初の枠は比較的長くはもったものの、「親にばれずに借金をかえしていける額」を返済額が越えた瞬間から、まったく異質なものとなっていった。
「使いたいのはご祝儀と服で5万円」で、「返済は毎月1000円ずつだから、親にもばれずになんとかなる」予定であった。
あいかし、借金・・・、いわゆる、車のローンや住宅ローンは別として(これも癖になり利用する人が多いが、私見で最も破産に向かいやすいことを考えると別と判断した)、ギャンブル、買い物、飲み歩きなど、「対そのときの満足」にお金を使い出すと、借金が不思議と「自分の資金」と感じやすいようである。返済は毎月せねばならないが、「返済してるからまた借りれる」という意識、この状態はもうすでに借金にのめり込みつつあると言っても過言ではないだろう。
私の場合、残りの45万と言う枠は、母と父もパチンコにはまっていたため、そこにつぎ込まれたと思ってよいだろう。「お金は回ってるの?」と親に聞かれれば、「当たり前でしょ」と答える。事実、返済は借りた金から行っていたので、ほとんど通帳にはその形跡は残っていない状態となっているため、親も感づかなかったらしい。実家は決して裕福ではなかったため(今考えると、私が働いている時点で大人が4人働いている状態になるので、金欠だったことのほうがおかしいのだが)、「今月生活費が大変」と言われれば、自分の行動をうるさく制約されたくなかったことも手伝って「ハイ」と万円単位で渡す。借金は徐々に増え、「1000円返して1万返す」「5000円返して3万おろす」といった具合になっていき、次の消費者金融に手を伸ばした。しかし、何社も借りる中では、この最初の1件目が一番遠慮と抵抗が入り、次を借りるまでが長かったかもしれない。
もう、このときの借金は「返済のための予備」であったはずが、枠がくると安心して使ってしまう。

そして、ある会社で、100万程度に一度まとめた。これで、返済額が若干減ることになる。
そして、借金があることを元旦那に告げ、さらにそれもあってうつ病が進行していること、家族にお金を貸す生活は負担であることなどを相談し、私の病気がよくなるようにと、旦那が結婚資金の融資を受けて、結婚したのであるが、この間に、姉との二人暮しが入った。

このときが一番豪遊したのではないかと思う。
私は仕事をしている人間だが、仕事→終わったらパチ→勝っても負けても私の金で「ウサ晴らし」といいつつ、友人のスナックで飲み明かし→カラオケ→車で仮眠→仕事、という、今では考えられない、特に女性で、というのは私も聞いたことのないような生活を送った。このときすでに、競馬は予想を楽しむもの(勝った金はパチへ)パチは、「自分の居場所という安心感」「いかなければという不安感」「さみしいから誰かといたいためのスナック」「仲間を感じたいためのカラオケ」、すべて、「その瞬間の快楽」を求めることに使われた。もちろん、返済も借金からであった。
だが、1度100万程度にまとめたことがあったのに借金をしているという負い目も若干感じていたので、結婚して、半年ほど、旦那にも知られないで借金を増やしていた。

しかし、黙っていても、給料をごまかしてもだめになる時期が来る。
結婚して半年後、妊娠していることもわかっており(ハネムーンベイビーでした)どうにかせねば、と死ぬほどの勇気をもって、これを旦那に告げた。旦那は怒ったし、泣いたけれど、明日のために、私も希望を捨てないで言ってくれたのだからと、金庫系のところで、事情を話し、車ローンという形を使ってもらい、300万にまとめた。ここまで、3年ほどの間の出来事である。

そこで利用したものが、「貸出禁止措置」であった。

「貸出禁止措置」とは:
「借金癖のある家族への融資をしないでほしい」「借金できないようにしたい」という手続きである。

各都道府県にある (社団法人)貸金業協会へ申請する。
家族による禁止措置が可能な場合もあるが、本人随行以外手続き出来ない場合もあるため、協会へ確認すること。私の場合は家族による申出で、本人の随行が必要となった。
手続きをすると、各地の貸金業協会は会員の貸金業者宛に貸出禁止を通知し、さらに個人信用情報機関に貸出禁止登録を行う。ただし貸金業協会に加盟していない業者には効果が及ばない。
貸出禁止期間はおおむね5年以内。本人の希望によりいつでも禁止の解除ができる。

上記に書いたとおり、禁止の解除ができ、また、ヤミ金やその他、通用する金融業者もいるため、貸出禁止をしたから安心、でなく、その他の借金をしないという意思は自分でもたねばならない。



私は、措置後、措置効力が効かない業者を探して枠を受けましたが、いいシステムではあるので、絶対借りない!と思ってやってみるのもひとつだと思う。
自己破産・ギャンブル | comments(1) | trackbacks(0) | top ▲
<<自己破産への道のり:保証人 | HOME | 自己破産への道のり:知られること>>
COMMENT
きのうひめと、過
きのうひめと、過言とか豪遊するはずだった。
2009/05/19 16:49 | BlogPetのゆきんこ URL [編集]
Please write a comment!

秘密にする

TRACKBACK URL
http://hime73.blog40.fc2.com/tb.php/2061-9969ebce
| HOME |
COUNTER

お客様

今日のお客様

昨日のお客様











CALENDER
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
想いの状況
SIONくんを想って

12年4ヶ月

Tを想って

15年



身長
157センチ
ただいまの体重
61キロ
先月比
+2キロ
BLOG PEOPLE
みんなのつぶやき
ARCHIVES
 
 
LINKS