恋愛依存・ギャンブル・アルコ-ル、その他依存による借金で悩むひめの想いや日常を綴ります。
恋愛依存症 始まり2
最初の彼氏とはなんとなく別れて、中学3年生になりました。

中学1年生の春、部活に新入部員が入ってきました。そこにはSちゃんが憧れていた先輩の弟がいました。
Kくんです。

1年生では彼一人が新入部員だったのですが、いつの間にか好きになっていました。
時々一緒に帰ったりしてとてもよい関係でした。

まさかSちゃんも好きになっているとは思わず。

クリスマスイブの帰り道、Kからプレゼントをもらって付き合うようになりました。
でも、いつもSちゃんの影に怯えているようなそんな日々でした。

すごい大恋愛で、告白してもらえるまで、結構かかりました。
一緒に帰る時、自転車同士だったのですが、ゆっくり押しながら帰ったりしました。
Sちゃんが彼のことを好きだとわかった時から私は執拗に彼に迫るようになっていきました。
その甲斐があって彼から告白されたんですが、告白されてもまだSちゃんが狙っているような気がして、とても嫌な感情が渦巻いていた。
毎日図書室で会ったり、暇さえあれば一緒にいて、時間さえあれば彼のことを見つめていました。

でも、この時にすでに私の嫉妬心は芽生え始めていたのです。
後々まで引きずることになる嫉妬心。大きな嫉妬心の始まりでした。

彼とは本当に毎日毎日よくも飽きもせずに会い続けました。

そして高校を選ぶ時、私は彼の家が帰り道になる高校を選んで、受験に失敗しました。
ただ、滑り止めで受けた高校に受かっていたので、なんとか無事彼の家が帰り道になる学校へと進むことができました。

それからも帰りはほぼ毎日会って自転車で送ってもらうという日々が続きました。

ところがある日、彼からのメッセージ(当時はポケベルでした)がなくて一人で帰ることに。
いつも小学校を通り抜けて帰っていたのですが、この日は小学校で異変が起きました。

KとSちゃんが仲良くラブラブに(私の目にはそう見えました)、ストレッチなどをしていたのです。
小一時間ほどその様子を裏庭から観察し、帰り着くと帰りが遅いと母に叱られ、私は家を飛び出しました。
Sちゃんとラブラブしているのを見ただけでもショックだったのに、さらには怒られて怒鳴り散らされて、私の心はある種のピークに達していました。

私は家を飛び出し、そのままふらふらと中学校の方へ歩きました。
何時間経ったでしょうか。
夜になり、この悩みを誰かに話したくなり、当時よくしてもらっていた英語の先生に電話をかけました。そして相談すると、まず最初に親に連絡をしなさいというところから始まって、近所にいた友達の家へ避難することにしました。
すると、その友達の家には私が来ていないかと事前に連絡がいっていたらしく、自動的に親へ連絡が行きました。
親と迎えに来たのは他十名ほどの友達が心配してやってきてくれました。
その中にSちゃんとKもいました。

私は事情を話すと、一旦家に帰り、Kからの連絡を待ちました。
でも、Kは連絡をしてこなかったのです。

私は翌日彼に会うと、彼を責め立てました。
でも、
「Sちゃんの部活が陸上部ってだから一緒に練習をしていた」
の一点張りでした。
小一時間近く身体をくっつけあって、じゃれていたのに、それを練習だと言われて私は腹がたちましたが、その時はそれで仕方ないということになり、責めるのを諦めました。
でも、今考えても、わからないことだらけです。

まず彼はなぜいつも通りに連絡をしなかった?
そして帰り道はその小学校を私が通ることは予測されていた?
小一時間も身体をくっつけあって何をしていたのか?

未だにわからないことだらけです。

ですが、Kとはそのまま付き合い続けました。



病気 | comments(0) | trackbacks(0) | top ▲
<<恋愛依存症 始まり3 | HOME | 恋愛依存症 始まり>>
COMMENT
Please write a comment!

秘密にする

TRACKBACK URL
http://hime73.blog40.fc2.com/tb.php/2133-842396e1
| HOME |
COUNTER

お客様

今日のお客様

昨日のお客様











CALENDER
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
想いの状況
SIONくんを想って

12年4ヶ月

Tを想って

15年



身長
157センチ
ただいまの体重
61キロ
先月比
+2キロ
BLOG PEOPLE
みんなのつぶやき
ARCHIVES
 
 
LINKS