恋愛依存・ギャンブル・アルコ-ル、その他依存による借金で悩むひめの想いや日常を綴ります。
映画『完全なる飼育』
竹中直人、小島聖主演の『完全なる飼育』をみた。

ストーリーは軽く昔に聞いたことがあり、ある意味自分の荒療治をふくめて。

ストーリーはいたって単純…。竹中直人が完全な愛を求め、ランニング中の女子高生・小島聖を薬品で失神させ、拉致してきて、部屋に監禁し、やがて二人は愛し合うというもの。

愛が芽生えたというよりも、『世界に二人しかいなくなる』と『人間は恐怖を覚えるときに一緒にいる人間に好意をいだく』の王道パターンかなと。

すごく差別的な映画でしたし、台詞まわしもわざとらしかったですが、私にはおもしろかった。竹中直人は、偏執狂的な演技をさせると光ますね。

さて、二人の生活ですが、私の人生を彷彿とさせるものがありました。例えば手錠をかけて、ご飯はすべて竹中直人が与える。

閉じ込められているうちに、聖はやがて竹中に心を開いてゆく…というより狂っていくんですね。聖の台詞はわざとらしいものが多かったですが、竹中に笑いかける仕種、軟禁から開放されることも、必死でやれば可能なのに自らの精神でそれができなくなっていくところ…。

やがて竹中は、聖を旅行に誘うのですが、今まで完全に外界と遮断されていた聖は、それすらも自由ととらえ、開放感を感じます。

開放された聖が求めるもの…それは完全な竹中。心も体も、すべてを支配される聖。

私の視点からみて、彼女には元々依存的な性格というか、親から聖に対する愛情の注ぎ込み不足というか、不満を抱えていたように感じます。支配されることによって、それを愛と勘違いしてゆく。

でも、この映画の評価が割にいいのは、この重いテーマにもかかわらず、かなりユーモアが盛り込んであるところ。

主人公の竹中もどこか憎めないキャラ設定だし、アパートの住民たちの設定もちゃんとしていて人生いろいろって感じでとても笑えた。

序盤は説明チックで、うーんと思うが、中盤からのリズムなどは非常に好感がもてた。

ひめっち映画五段階評価で、3。

小島聖のヌード姿が好評だったこの映画だが、個人的には、ちょっと体格良すぎ…というか…ぶよぶよして見えて×。

横で溜息をつきながら見ているSIONのつまらなさそうな顔のほうがおもしろかったかも?
携帯より | comments(1) | trackbacks(0) | top ▲
<<やっぱり | HOME | 死ぬ気で忙しい…>>
COMMENT
私はその映画を見ていませんが、同じ事件をもとにした小説を読みました。
犯人の日記を中心にしたものだそうです。

私は彼女の心に一体どういうことが起こったのか知りたかったので読んだのですが、少々官能小説っぽい部分がつよく、結局核心部分はあまりかかれていませんでした。

一応被害者の女性にも会って話をしていたそうなのですが、やはり事件のことは聞きにくかったのかなぁ。

そんなわけで今は「14階段」を読んでます。
こっちは新潟の9年2ヶ月監禁事件の話です。
犯人はどういう男だったのか、少しずつ見えてきてます。結構面白い(といえば不謹慎かもしれませんが)ですよ。
2006/05/09 22:28 | ネモ URL [編集]
Please write a comment!

秘密にする

TRACKBACK URL
http://hime73.blog40.fc2.com/tb.php/868-ae1d7508
| HOME |
COUNTER

お客様

今日のお客様

昨日のお客様











CALENDER
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
想いの状況
SIONくんを想って

12年4ヶ月

Tを想って

15年



身長
157センチ
ただいまの体重
61キロ
先月比
+2キロ
BLOG PEOPLE
みんなのつぶやき
ARCHIVES
 
 
LINKS